--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希有馬屋 クベルタ・ノワール 紹介

2007年05月07日 08:08

WHF有明16で購入してきた希有馬屋さんの「クベルタ・ノワール」のレビューです。


noir_02.jpg noir_03.jpg noir_04.jpg noir_05.jpg


これは以前でた「やわらかフィギュア」クベルタのマイナーチェンジ版になります。前回のクベルタと違う所は売りであった「胸がやわらかい」というのがなくなっています。
なので今回は胸を触ってもやわらかくもなく他のPVC製品と同じ固さです。

まあ前回の報告を見ている限りでは、「やわらかい胸」にはいろいろ問題があったみたいなので、なくなって正解だったかなと思います。(その代わり「売り」がなくなってしまいましたけど。)



noir_06.jpg noir_07.jpg noir_08.jpg


今回フェイス部分も新規に作成されています。
クベルタを持っていないので分かりませんが、これだけ見る分には問題ないレベルだと思います。

また後ろから見た際、尻の辺りが物凄くエロイですわ。
食い込みすぎでしょ。なんてけしからん服なんだ(笑


noir_09.jpg noir_10.jpg


ちなみにスカート部分のパーツは取り外し可能なので、取り外すとこれまたすばらしい格好になります。
これは本当にやばい服装しているよな。
ちなみに写真をとっていませんが、しっかりスジが彫られていたりします。



noir_11.jpg noir_12.jpg noir_13.jpg


更に肩パーツ、帽子も外すことが可能です。
肩パーツを外した状態で後ろから見ると、肩辺りが物凄くエロく感じるんですが、これは私だけなんですかね?

さてここまで外すと、あと外すことが出来るパーツは胸パッドのみとなります。
胸パットを外すと、ついに今回の改修版キモとなるやわらかくない胸のお披露目になります。


noir_14.jpg noir_15.jpg noir_16.jpg


見事なまでにデカイです。
ちとデカ過ぎではないでしょうか。

ちなみに別の手パーツが付いてきており、それによって


noir_17.jpg noir_18.jpg


こんな感じのにも出来ます。
本来ならもう少し胸と下半身に手が近づくようになるのですが、うちのはこれが限界です。
こんなポーズをするなら、どうせなら恥ずかしがっている顔も付けてくれると完璧だったんですけどね。

と、クベルタ・ノワールでした。
いろいろあってやわらか胸ではなくなってしましましたが、それ以外はしっかり作られているので、値段が6000円でも十分に満足する物だと思います。

ただ気になったのは、色移りがしやすい事と、重心が後ろにある見たいなのでそのうち後ろに倒れてしまわないかという点です。
色移りは、こういうパーツが外せるフィギュアの宿命みたいな物があるので、気をつけるしかないかと思います。
重心の問題は何か支える物を後ろから添えておいた方が良いのかもしれません。これから暑くなるので余計に心配ですね。


E.M.D.トップへ戻る場合にはこちら
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。