--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドスマイルカンパニー ねんどろいど 初音ミク 紹介

2008年03月31日 08:03

グッドスマイルカンパニーからねんどろいどシリーズの最新作で、遂にあの『初音ミク』が登場です。

nendo_hatsune_miku_title.jpg

ついにねんどろいど化して登場です。
かなりかわいいくデフォルメされていますよ。

nendo_hatsune_miku01.jpg nendo_hatsune_miku03.jpg
nendo_hatsune_miku02.jpg nendo_hatsune_miku04.jpg

顔アップです。
通常の顔と、歌っている時の顔と、はちゅね顔が付いてきます。
とりあえず通常の顔と歌っている時の顔の紹介です。
どちらも本当に良い感じでデフォルメ化されており、たまらない仕上がりになっていると思います。

nendo_hatsune_miku07.jpg nendo_hatsune_miku05.jpg
nendo_hatsune_miku06.jpg nendo_hatsune_miku12.jpg

ツインテールは多少上下に可動するようになっています。
ただあんまり動かないようになってます。
あと私のはの接続部分が非常に緩かったので、その点は注意した方が良いかもしれません。

nendo_hatsune_miku08.jpg

腕と脚が別パーツで付属しているので、ポーズをつけることが可能です。
しかしこれは本当に和みますわ。
これは店頭で見つけたらお持ち帰りするしかないでしょ。

nendo_hatsune_miku10.jpg nendo_hatsune_miku11.jpg
nendo_hatsune_miku13.jpg nendo_hatsune_miku14.jpg

ちなみに顔を交換する時には両方のイヤホンを取り外す必要がありますが、その下にはしっかり耳がありますよ。

nendo_hatsune_miku15.jpg

またスカートが取り外し可能です。
中は普通に白色パンツです。
さすがに変なパンツではなかったです。
と、いうかこれって公式でこんなパンツ履いているという設定なんでしたっけ?

nendo_hatsune_miku09.jpg


で、このねんどろいどはもうもう1つの初音ミクの顔、はちゅねミクへの変更が可能です。
もちろんはちゅねと言えばネギ、ということでネギもしっかり付属しています。
はちゅね用に専用の前髪が付いてきますよ。

はちゅねの方も良い感じになっています。
是非ともみっくみっくにされてください。
(はちゅねの方も顔もう一種類あれば更に良かったな・・・)

nendo_hatsune_miku16.jpg nendo_hatsune_miku17.jpg
nendo_hatsune_miku18.jpg

ちなみに
はちゅね → ミクの前髪を取り付け
ミク → はちゅね前髪を取り付け

ということも出来ます。
でもやっぱ雰囲気が変わりますね。(特にはちゅねの方が)

nendo_hatsune_miku20.jpg
nendo_hatsune_miku21.jpg

またFigmaの購入特典でもあるFigmaマフラーを取り付けることも可能です。
このマフラーいろいろつかえる見たいなのでこれは良いものですな。

nendo_hatsune_miku22.jpg nendo_hatsune_miku23.jpg
nendo_hatsune_miku24.jpg nendo_hatsune_miku25.jpg


と、言うことでねんどろいど初音ミクでした。
いや本当に良い感じにデフォルメされており、このかわいいさは満点ですよ。
これは本当にオススメです。
店頭で見つけたらぜひ「お持ち帰り♪」して来ましょう。(もちお金払ってね)

最後にクロとの対面を。
トロステを再現する為にも、早く4月に出る追加顔が欲しいよ。

nendo_hatsune_miku26.jpg
nendo_hatsune_miku27.jpg

スポンサーサイト

グッドスマイルカンパニー マビノギ サキュバス 紹介

2008年03月30日 17:53

グッドスマイルカンパニーから出たオンラインゲーム「マビノギ」に出てくるサキュバスのレビューです。

mabinogi_succubus_title.jpg

マビノギをプレイしていないのでよく分かってはいませんが、このナイスなボディに惹かれて買って来ました。

mabinogi_succubus01.jpg mabinogi_succubus02.jpg mabinogi_succubus03.jpg mabinogi_succubus04.jpg

顔のアップ画像です。

mabinogi_succubus07.jpg mabinogi_succubus05.jpg mabinogi_succubus06.jpg

しかしこの乳はヤバイですよね。
流石は淫魔だけあって凄い乳をしています。
と、いうかこの体にアンバランスな乳ですよね。
全くけしからんわ。

mabinogi_succubus08.jpg
mabinogi_succubus09.jpg mabinogi_succubus10.jpg

またスカートは透けるようになっており、後ろから見れば下着が丸見えです。
ポーズから見ても誘っているようにしか見せません。
上着も後ろから見ると透けていていろいろとヤバイことになっていることが分かります。
流石は淫魔!!

mabinogi_succubus11.jpg mabinogi_succubus12.jpg


このフィギュアはこれで終らず、スカートが「ダメージVer.」に変更することが出来ます。
これを変更すると・・・

mabinogi_succubus13.jpg
mabinogi_succubus14.jpg mabinogi_succubus15.jpg

更にきわどくなります。
もういろいろヤバすごだろ!!
ホント、後ろから見ると破壊力満点だぜ。
尻、尻が!!

mabinogi_succubus16.jpg

ちなみに前から見るとパンツが丸見えになります。

mabinogi_succubus17.jpg


「スカートを差し替えることが出来る」=「スカートを脱がせる」ということですので、当然ながらパンツ姿にすることも出来ます。

mabinogi_succubus18.jpg

この姿もまたエロイ。
やっぱ黒色っていろいろと破壊力がありますよねぇ・・・。

mabinogi_succubus19.jpg mabinogi_succubus20.jpg
mabinogi_succubus21.jpg mabinogi_succubus20.jpg

最後にパンツのアップ画を。

mabinogi_succubus24.jpg
mabinogi_succubus23.jpg



と、言うことでマビノギ サキュバスでした。
流石淫魔だけあって、誘っているポーズかつエロさが伝わってきます。
こいつは本当にやばいですな。
また付属のスカートを代えるだけで、3パターンそれぞれ雰囲気が変わる点も良いです。
個人的にはダメージVer.が一番エロイと思いますね。
マビノギをやったことないんだけど、これゲーム中でもこんな格好になるのかな?

ボークス A3 Su-37UB チェルミナートル 紹介

2008年03月23日 11:15

A3 シリーズ第12弾 Su-37UB チェルミナートル のレビューです。

A3_Su_37UB_title.jpg


これはトータル・イクリプスにて登場したソビエト製の戦術機で、迷彩色模様が目立つ機体となっています。

A3_Su_37UB_01.jpg A3_Su_37UB_02.jpg
A3_Su_37UB_03.jpg

可動部分ですが、新可動になっているものの微妙に各パーツ間の干渉がありアクティヴ・イーグルより可動範囲が狭いように感じます。

A3_Su_37UB_04.jpg

特に脚の部分が動かない感じがします。
私のやり方がまずかったのか分かりませんが、前方へ脚を出すことが出来なく、もの凄く可動範囲が狭いだろと思っていました。
ただ公式ブログを見ると一応出来るみたいなんですよね・・・。

A3_Su_37UB_05.jpg

次は跳躍ユニットを付けた状態です。

A3_Su_37UB_06.jpg

今回も跳躍ユニットは独特の物となっています。
なんというか跳躍というかサブブースターって感じです。

A3_Su_37UB_07.jpg

武装ですが、突撃砲とチェーンソーブレードのみです。
まずは突撃砲。
思ったより大きくです。

A3_Su_37UB_08.jpg

また背中ににはガンマウントとガンマウント(空)のパーツがそれぞれ用意されています。

A3_Su_37UB_09.jpg A3_Su_37UB_10.jpg

次はチェーンソーブレード。
他の戦術機はナイフを持っていますが、こいつにはナイフの代わりにこのチェーンソーブレードがついています。
こっちの方がナイフよりカッコ良く個人的には好きですね。

A3_Su_37UB_11.jpg


と、言う感じでSu-37UB チェルミナートルでした。
機体そのものはゴッツくいい感じなのですが、可動範囲がアクティヴ・イーグルより悪くなっている点が非常に気になりました。(それでも武御雷や不知火に比べたら可動しますけど)
個人的には可動範囲を上げる為なら設定よりアレンジしてもらっても問題ないと思っているのですが、それは駄目なんですかね・・・。

A3_Su_37UB_12.jpg A3_Su_37UB_13.jpg
A3_Su_37UB_14.jpg A3_Su_37UB_15.jpg

ボークス A3 F-15・ACTV アクティヴ・イーグル 紹介

2008年03月22日 14:31

順序が逆になりましたが、A3の第10弾、F-15・ACTV アクティヴ・イーグルのレビューです。

A3_f_12actv_title.jpg


第7弾から2ndシリーズとして新可動軸版(不知火は除く)になったわけですが、私はこれが新可動軸版の最初のとなりました。

A3_f_12actv01.jpg A3_f_12actv02.jpg
A3_f_12actv03.jpg

まず腕ですが、ほぼ180度まで曲がるようになっています。
これによってかなりポーズを付けやすくなりました。

A3_f_12actv04.jpg

脚もかなり曲がるようになりましたので、ほぼ棒立ち状態という事はなくなりました。

A3_f_12actv05.jpg

なので脚をまげてこのようなポーズをとることが可能です。

A3_f_12actv06.jpg

これらを組み合わせると、ライダーキックのポーズもとることが可能です。
つーか戦術機でこんなポーズがとれる日が来ようとは。
素晴らしいです。

A3_f_12actv07.jpg

跳躍ユニットの方は今までの戦術機のとは異なる形をしています。
ちなみに先端部分はミサイル版(?)との取り替えが可能になっています。

A3_f_12actv08.jpg
A3_f_12actv09.jpg

またこいつは背中に武器をマウントすることがなく、逆に跳躍ユニットの増槽ユニットを取り付けることになります。

A3_f_12actv10.jpg


武装ですが、こいつが持っているのは少なく、
近接戦闘ナイフが2個とAMWS-21 戦闘システム(ライフル)が2丁だけです。

A3_f_12actv13.jpg
A3_f_12actv14.jpg


と、言うことでA3のアクティヴ・イーグルでした。
自分のポーズ付けが下手なのであんまり映える画像はないですが、こいつの可動範囲は本当に素晴らしい物がありますね。
グリグリ動くA3の戦術機を欲しい人にはオススメだと思います。

A3_f_12actv12.jpg A3_f_12actv11.jpg
A3_f_12actv15.jpg

マックスファクトリー ゾイドジェネシス コトナ・エレガンス コスチュームVer. 紹介

2008年03月19日 09:53

マックスファクトリーから出たゾイドジェネシスコトナ・エレガンス待望(?)のコスチュームVer.のレビューです。

max_kotona_costume_title.jpg



max_kotona_costume01.jpg max_kotona_costume02.jpg max_kotona_costume03.jpg max_kotona_costume04.jpg

顔はこの元絵となったTONY氏の顔になかなか近づいたものとなっていと思います。

max_kotona_costume07.jpg max_kotona_costume05.jpg max_kotona_costume06.jpg

このコスチュームはヤバイよね。
この体が分かるぐらいのフィット感がヤバイ。
乳もふくらみの所を良く見ると先端がさりげなく分かるし、ヘソまで分かりますよ。
つーか実際こんな服着てたらいろいろと問題ありだよね。

max_kotona_costume08.jpg
max_kotona_costume09.jpg
max_kotona_costume13.jpg max_kotona_costume15.jpg

下の方もこんな短いコスチュームなので当然角度によってはパンツが見えます。
と、いうより腰のラインがまたエロいよ。
ホントいろいろ問題あるコスチュームだよな、全くもってけしからん!!

max_kotona_costume10.jpg
max_kotona_costume11.jpg
max_kotona_costume12.jpg

ちなみにパンツは白色ですよ。

max_kotona_costume14.jpg

台座から取り外してお尻部分。真平らになっていのでその点は良かったです。
下から見るとパンツは丸見えです。
またコスチュームの先端部分が少し折れおり、こういう細かい所まで気にして作ってあるというのは良いですよね。

max_kotona_costume16.jpg
max_kotona_costume17.jpg

と、いう感じでコトナ・エレガンス コスチュームVer. でした。
全体的に良い感じに仕上がっていると思います。
あとはこのコスチュームがエロい!!
本当にエロい!!
ルージはホント良く理性保てたなと思います。

max_kotona_costume18.jpg
max_kotona_costume19.jpg
max_kotona_costume20.jpg

ボークス A3 2007 LIMITED No.03 日本帝国斯衛軍 00式戦術歩行戦闘機 武御雷 Type-00C 紹介

2008年03月17日 08:01

ボークスから出た A3シリーズの限定販売シリーズ第3弾 日本帝国斯衛軍 00式戦術歩行戦闘機 武御雷 Type-00C のレビューです。(相変わらず正式名称が長すぎるぜ)

A3_takemikaduchi_type00c_limited3_title.jpg


いろいろカラーが出た武御雷ですが、この黒カラーにて現時点で判明しているすべてのカラーが出揃ったことになります。

A3_takemikaduchi_type00c_limited3_01.jpg A3_takemikaduchi_type00c_limited3_03.jpg

確か劇中では黒色が一般兵士用ということなので、顔が結構あっさりとした形になっています。
でも個人的にはこっちの方が好きだったりします。

A3_takemikaduchi_type00c_limited3_02.jpg A3_takemikaduchi_type00c_limited3_04.jpg

武装は
74式近接戦闘長刀×1
65式近接戦闘短刀×2
87式突撃砲×1
ブレードマウント×1、ブレードマウント(空)×1
ガンマウント×1、ガンマウント(空)×1
となっており、LIMITED No.01の斯衛軍第16大隊指揮官機と同じく武器は右手分しかありません。
その分今回は1体分の「A-LOCK改造お試しパック」が付いてきます。
ですが、やっぱ左手用の武器も欲しかったです。

A3_takemikaduchi_type00c_limited3_05.jpg
A3_takemikaduchi_type00c_limited3_06.jpg
A3_takemikaduchi_type00c_limited3_08.jpg
A3_takemikaduchi_type00c_limited3_09.jpg

可動範囲は旧Verのままなので、可動範囲は少ないです。
と、言うかアクティヴ・イーグルを弄ってからこれ触ると、「こんなに動かなかったけ?」と思うぐらい可動範囲が限られていますね。
ホントこれで可動範囲が広がれば最高なんだけどな。

A3_takemikaduchi_type00c_limited3_07.jpg A3_takemikaduchi_type00c_limited3_10.jpg


と、いうことでA3 2007 LIMITED No.03 日本帝国斯衛軍 00式戦術歩行戦闘機 武御雷 Type-00C でした。
やっぱ可動範囲が狭いのが欠点だと思いました。
武御雷の格好自体は凄く素晴しいし、今回この黒色というのがまた良い感じだけに惜しいですね。

アルター クイズマジックアカデミー シャロン賢者Ver.~紅茶セット~

2008年03月10日 08:02

アルターから出ているクイズマジックアカデミーシリーズで、第一弾として出ていたシャロンの賢者Ver
のレビュー^です。

shalon_genjiya_title.jpg


これは以前通常Verが販売されていましたが、今回WF2008年冬の限定商品としてWF会場と通販で販売された物です。

shalon_genjiya01.jpg shalon_genjiya02.jpg shalon_genjiya03.jpg shalon_genjiya04.jpg

全体的にまとまりすぎて逆に寂しいかなという感じはしないでもないですが、出来自体は丁寧に作られているものだと思います。

shalon_genjiya07.jpg shalon_genjiya05.jpg shalon_genjiya06.jpg

このフィギュア、最初から台座と一体になっているタイプです。
というのは斜めに立つようになっているしているからです。
最初から台座と一体になっているのは良いのですが、これ夏場が怖いな・・・。

shalon_genjiya11.jpg

また流石に版権物ということなのでしょうけど、スカート外すことは出来ません。
ですが、スカートの中はしっかり作られているので、覗けば確認できます。

shalon_genjiya10.jpg

うーん。白色だ。
白色というのは良いですが、白制服に白パンツなので面白みがないなぁ・・・。
設定上白なんでしょうけど、違う色でも良かったかな。

と、いうことで、シャロン賢者Ver.~紅茶セット~でした。
出来自体は流石アルターという出来なのですが、逆にまとまりすぎて少し物足りないという感じはします。(単なるわがままなんでしょうけどね。)

shalon_genjiya08.jpg shalon_genjiya09.jpg
shalon_genjiya12.jpg


あ、そうそう一緒に付いてくる紅茶はティーパックで、これが5個入っていますよ。

shalon_genjiya13.jpg

こういうのってなんかもったいたくて飲めないんだよね。(貧乏性だよな・・・)

ムービック セキレイ 月海 ホワイトパールVer. 紹介

2008年03月05日 09:51

ムービックから出ている「セキレイ」シリーズでツンデレ担当の月海 ホワイトパールVer. のレビューです。

tsukiumi_pearl_title.jpg

ちなみにこのパールVer.は願望百貨店のみで販売されているものです。

tsukiumi_pearl01.jpg tsukiumi_pearl02.jpg tsukiumi_pearl03.jpg tsukiumi_pearl04.jpg

顔アップです。
個人的にはこのツン顔の表情がいい感じだと思います。
ただ原作とはちと違う感じはしますけど。

tsukiumi_pearl07.jpg tsukiumi_pearl05.jpg tsukiumi_pearl06.jpg

しかしこの堂々とした構えはホント良い感じだと思いますよ。
最初のころの月海って感じで(まあデレも良いんですけど)

tsukiumi_pearl09.jpg
tsukiumi_pearl08.jpg
tsukiumi_pearl10.jpg
tsukiumi_pearl13.jpg

足元です。
なんというかある意味こういう高飛車的なキャラにはお似合いな靴ですよね。
(原作デレ部分がなかったら女王様キャラだったりしたんだろうか・・・。)

tsukiumi_pearl11.jpg

マント(?)は非常に大きいです。
つーか大きすぎます。
こいつのパッケージが大きい原因の理由のひとつですよね。
しかも結構重いので、このマントつけた状態で飾っておくと夏場傾く可能性が非常に高いですね。

tsukiumi_pearl12.jpg


で、そのマントは外すことが可能です。

tsukiumi_pearl14.jpg
tsukiumi_pearl15.jpg tsukiumi_pearl16.jpg

つーかマントありとなしでは雰囲気が一気に変わりますな。
マント外すと普通の高飛車なお嬢様って感じに見えます。
やっぱ服装って大事なんだね。

で、このフィギュアはマント以外もキャストオフ可能です。
まずはスカートが外せます

tsukiumi_pearl17.jpg tsukiumi_pearl18.jpg

パンツはほんのりピンク色となっています。
さすがに全部白ではなかったですね。

tsukiumi_pearl19.jpg
tsukiumi_pearl20.jpg
tsukiumi_pearl21.jpg


で、月海は胸の部分もキャストオフ可能です。

tsukiumi_pearl22.jpg
tsukiumi_pearl23.jpg tsukiumi_pearl24.jpg

つーか本当にこれ脱げるキャラと脱げないキャラの境目が分からないな。
まあ草野はまだ分かるんですけど、なぜは脱げないんですかね。

気を取り直して
キャストオフが可能なのでこういう格好も出来るのですが、

tsukiumi_pearl25.jpg

これだと普通に変態さんですよね。


と、いうことでセキレイ月海ホワイトパールVer.の紹介でした。
フィギュア事態は月海のツンぶりが十分に発揮されており、良いものだと思います。

ホワイトパールの方ですが白い服に金髪って似合いますよね。
こういうの好きな人にはたまらない物があるのではないでしょうか。


tsukiumi_pearl26.jpg


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。