--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボークス A3 2009 LIMITED 01 日本帝国斯衛軍82式戦術歩行戦闘機 F-4J改 瑞鶴 Type-82F 紹介

2009年04月29日 13:38

A3 2009 LIMITED 01 日本帝国斯衛軍82式戦術歩行戦闘機 F-4J改 瑞鶴 Type-82F のレビューです。(相変わらず正式名称長いな)


A3_F4J_kai_zuikaku_82F_title.jpg


こんなゴツイ体なのに可動範囲は現状のA3の中で一番だったりします。
ホント可動範囲進歩しているって事が分かる機体ですわ。


全体図
撃震のような重量感がある体形です。

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_01.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_02.jpg


顔部分のアップ
斯衛用ということで武御雷のような顔になっています。

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_03.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_04.jpg


腕の可動ですが、大体撃震と同じ可動範囲です。
撃震と違うのは方のパーツが横にスライドするため、更に可動範囲があがっています。

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_05.jpg


股の可動および、足の可動範囲は大体撃震と同じですね。

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_06.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_07.jpg


腰もかなり回ります。

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_08.jpg


で、他のA3と一番違っているのは脛の裏部分にあるパーツです。
今までは足の可動範囲を広げるために取り外していたのですが、この瑞鶴ではパーツを取り外す必要がなくなっています。
ホント良くぞここまで進歩しましたな。

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_09.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_10.jpg


このパーツを上に上げることで足の可動範囲が上がります。
で、瑞鶴ではこんなポーズをとることも可能になりました。
まさかこんな重量級でこんなポーズをとることが出来るとは…。

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_11.jpg


跳躍ユニットは撃震と同じタイプです。
心なしか撃震よりは外れにくくなったと思いますが、やっぱここまで可動範囲が上がった中で唯一の不満点になってきました。

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_12.jpg


武装はいつもの87式突撃砲と

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_13.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_14.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_15.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_17.jpg


74式近接戦闘長刀が付いています。

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_19.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_18.jpg


後は92式多目的追加装甲です。
やっぱこういう重量級が盾持つと映えますね。

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_20.jpg


と、いうことで日本帝国斯衛軍82式戦術歩行戦闘機 F-4J改 瑞鶴 Type-82Fのレビューでした。
A3最大級の可動範囲だと言っても過言ではありません。
ホント、良くぞここまで動くようになったなと感心しっぱなしです。
これはLimited品なので今では買うことが厳しいですが、第26弾として黒色Ver.がラインナップされていますので、興味が出たら買ってみてください。

で、この可動範囲の武御雷を出してくれないかな。

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_21.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_22.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_25.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_23.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_24.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_27.jpg

A3_F4J_kai_zuikaku_82F_26.jpg
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://emdmasuosan.blog102.fc2.com/tb.php/131-0868dea2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。