--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボークス A3 2008 LIMITED No.01 94式戦術歩行戦闘機 不知火・壱型丙 紹介

2008年07月13日 18:17

購入してから時間が経ってしまっていますが、A3 2008 LIMITED No.01 94式戦術歩行戦闘機 不知火・壱型丙のレビューを

A3_siranui_ichi_title.jpg


こちらはトータル・イクリプスに登場した戦術機です。
また不知火と名が付いているA3シリーズで唯一新軸に対応している戦術機となっています。

A3_siranui_ichi_01.jpg A3_siranui_ichi_03.jpg


カラーリングは白と青色のまだらって感じになっています。
ですが顔などは他の不知火と変わりはありません。

A3_siranui_ichi_02.jpg


稼動範囲ですが、まず首が左右に動きます。
残念ながら上下には動きませんが、特に問題ないかと

A3_siranui_ichi_04.jpg


腕は他の新可動版と変わらないぐらい曲がります。
ただパーツ間の干渉があるので、その点は気をつけた方が良いです。

A3_siranui_ichi_05.jpg


肩も同様です。

A3_siranui_ichi_06.jpg


足ですが、正座のポーズをとることは可能です。
ですが前方には曲がりません。
腰のパーツが動いてくれくれば何とかなるんですけどね・・・。
(もしかして可動する?)

A3_siranui_ichi_07.jpg


可動範囲はこんな感じになっています。

では次は付いてくる武装関連を
まずは跳躍ユニットを
他の不知火と変わらない跳躍ユニットが付いてきます。
ただ色は白色です。

A3_siranui_ichi_09.jpg

A3_siranui_ichi_08.jpg


武器は
74式近接戦闘長刀×2
65式近接戦闘短刀×2
87式突撃砲×2
ブレードマウント×1組
ブレードマウント(空)×1組
ガンマウント×1組
ガンマウント(空)×1組

となっており、LIMITED系ではよく削られていた長刀や突撃砲が1つしか付いていないっていうことにはなっていません。
その点は非常に嬉しいです。

A3_siranui_ichi_11.jpg A3_siranui_ichi_13.jpg

A3_siranui_ichi_14.jpg A3_siranui_ichi_12.jpg


またこの戦術機には他にはない装備が付いてきます。
それが XEML-99 試製99型電磁投射砲です。

A3_siranui_ichi_15.jpg


ゴッツイ&デカイ武器です。

A3_siranui_ichi_16.jpg


デカイ武器なので、そんぶん重いので、これポーズ取らせたまま飾っておいたらそのうち腕がヘタレて来そうです。

A3_siranui_ichi_17.jpg


でもポーズつけた方がカッコ良いんだけどな。

もう一つが74式可動兵装担架システム展開パーツ。
これをつけることで、最大4兆の突撃砲を装備することが可能になります。

A3_siranui_ichi_18.jpg A3_siranui_ichi_22.jpg

A3_siranui_ichi_20.jpg A3_siranui_ichi_19.jpg


4兆も付くと圧倒的な感じになりますね。

と、言うことで不知火・壱型丙でした。
武装が豊富なので、いろいろと遊べるのが嬉しいです。
またとりあえず「不知火」と付く戦術機の新可動対応版なので、やっといろいろと動かせる不知火が出てくれたという点が非常に嬉しいですね。
これで前方にも可動してくれれば文句なかったんだけどな・・・。

A3_siranui_ichi_21.jpg A3_siranui_ichi_23.jpg

A3_siranui_ichi_24.jpg A3_siranui_ichi_25.jpg

A3_siranui_ichi_26.jpg

ボークス A3 Su-37UB チェルミナートル 紹介

2008年03月23日 11:15

A3 シリーズ第12弾 Su-37UB チェルミナートル のレビューです。

A3_Su_37UB_title.jpg


これはトータル・イクリプスにて登場したソビエト製の戦術機で、迷彩色模様が目立つ機体となっています。

A3_Su_37UB_01.jpg A3_Su_37UB_02.jpg
A3_Su_37UB_03.jpg

可動部分ですが、新可動になっているものの微妙に各パーツ間の干渉がありアクティヴ・イーグルより可動範囲が狭いように感じます。

A3_Su_37UB_04.jpg

特に脚の部分が動かない感じがします。
私のやり方がまずかったのか分かりませんが、前方へ脚を出すことが出来なく、もの凄く可動範囲が狭いだろと思っていました。
ただ公式ブログを見ると一応出来るみたいなんですよね・・・。

A3_Su_37UB_05.jpg

次は跳躍ユニットを付けた状態です。

A3_Su_37UB_06.jpg

今回も跳躍ユニットは独特の物となっています。
なんというか跳躍というかサブブースターって感じです。

A3_Su_37UB_07.jpg

武装ですが、突撃砲とチェーンソーブレードのみです。
まずは突撃砲。
思ったより大きくです。

A3_Su_37UB_08.jpg

また背中ににはガンマウントとガンマウント(空)のパーツがそれぞれ用意されています。

A3_Su_37UB_09.jpg A3_Su_37UB_10.jpg

次はチェーンソーブレード。
他の戦術機はナイフを持っていますが、こいつにはナイフの代わりにこのチェーンソーブレードがついています。
こっちの方がナイフよりカッコ良く個人的には好きですね。

A3_Su_37UB_11.jpg


と、言う感じでSu-37UB チェルミナートルでした。
機体そのものはゴッツくいい感じなのですが、可動範囲がアクティヴ・イーグルより悪くなっている点が非常に気になりました。(それでも武御雷や不知火に比べたら可動しますけど)
個人的には可動範囲を上げる為なら設定よりアレンジしてもらっても問題ないと思っているのですが、それは駄目なんですかね・・・。

A3_Su_37UB_12.jpg A3_Su_37UB_13.jpg
A3_Su_37UB_14.jpg A3_Su_37UB_15.jpg

ボークス A3 F-15・ACTV アクティヴ・イーグル 紹介

2008年03月22日 14:31

順序が逆になりましたが、A3の第10弾、F-15・ACTV アクティヴ・イーグルのレビューです。

A3_f_12actv_title.jpg


第7弾から2ndシリーズとして新可動軸版(不知火は除く)になったわけですが、私はこれが新可動軸版の最初のとなりました。

A3_f_12actv01.jpg A3_f_12actv02.jpg
A3_f_12actv03.jpg

まず腕ですが、ほぼ180度まで曲がるようになっています。
これによってかなりポーズを付けやすくなりました。

A3_f_12actv04.jpg

脚もかなり曲がるようになりましたので、ほぼ棒立ち状態という事はなくなりました。

A3_f_12actv05.jpg

なので脚をまげてこのようなポーズをとることが可能です。

A3_f_12actv06.jpg

これらを組み合わせると、ライダーキックのポーズもとることが可能です。
つーか戦術機でこんなポーズがとれる日が来ようとは。
素晴らしいです。

A3_f_12actv07.jpg

跳躍ユニットの方は今までの戦術機のとは異なる形をしています。
ちなみに先端部分はミサイル版(?)との取り替えが可能になっています。

A3_f_12actv08.jpg
A3_f_12actv09.jpg

またこいつは背中に武器をマウントすることがなく、逆に跳躍ユニットの増槽ユニットを取り付けることになります。

A3_f_12actv10.jpg


武装ですが、こいつが持っているのは少なく、
近接戦闘ナイフが2個とAMWS-21 戦闘システム(ライフル)が2丁だけです。

A3_f_12actv13.jpg
A3_f_12actv14.jpg


と、言うことでA3のアクティヴ・イーグルでした。
自分のポーズ付けが下手なのであんまり映える画像はないですが、こいつの可動範囲は本当に素晴らしい物がありますね。
グリグリ動くA3の戦術機を欲しい人にはオススメだと思います。

A3_f_12actv12.jpg A3_f_12actv11.jpg
A3_f_12actv15.jpg

ボークス A3 2007 LIMITED No.03 日本帝国斯衛軍 00式戦術歩行戦闘機 武御雷 Type-00C 紹介

2008年03月17日 08:01

ボークスから出た A3シリーズの限定販売シリーズ第3弾 日本帝国斯衛軍 00式戦術歩行戦闘機 武御雷 Type-00C のレビューです。(相変わらず正式名称が長すぎるぜ)

A3_takemikaduchi_type00c_limited3_title.jpg


いろいろカラーが出た武御雷ですが、この黒カラーにて現時点で判明しているすべてのカラーが出揃ったことになります。

A3_takemikaduchi_type00c_limited3_01.jpg A3_takemikaduchi_type00c_limited3_03.jpg

確か劇中では黒色が一般兵士用ということなので、顔が結構あっさりとした形になっています。
でも個人的にはこっちの方が好きだったりします。

A3_takemikaduchi_type00c_limited3_02.jpg A3_takemikaduchi_type00c_limited3_04.jpg

武装は
74式近接戦闘長刀×1
65式近接戦闘短刀×2
87式突撃砲×1
ブレードマウント×1、ブレードマウント(空)×1
ガンマウント×1、ガンマウント(空)×1
となっており、LIMITED No.01の斯衛軍第16大隊指揮官機と同じく武器は右手分しかありません。
その分今回は1体分の「A-LOCK改造お試しパック」が付いてきます。
ですが、やっぱ左手用の武器も欲しかったです。

A3_takemikaduchi_type00c_limited3_05.jpg
A3_takemikaduchi_type00c_limited3_06.jpg
A3_takemikaduchi_type00c_limited3_08.jpg
A3_takemikaduchi_type00c_limited3_09.jpg

可動範囲は旧Verのままなので、可動範囲は少ないです。
と、言うかアクティヴ・イーグルを弄ってからこれ触ると、「こんなに動かなかったけ?」と思うぐらい可動範囲が限られていますね。
ホントこれで可動範囲が広がれば最高なんだけどな。

A3_takemikaduchi_type00c_limited3_07.jpg A3_takemikaduchi_type00c_limited3_10.jpg


と、いうことでA3 2007 LIMITED No.03 日本帝国斯衛軍 00式戦術歩行戦闘機 武御雷 Type-00C でした。
やっぱ可動範囲が狭いのが欠点だと思いました。
武御雷の格好自体は凄く素晴しいし、今回この黒色というのがまた良い感じだけに惜しいですね。

ボークス A3 2007 LIMITED No.01 日本帝国斯衛軍 00式戦術歩行戦闘機 武御雷 Type-00R 斯衛軍第16大隊指揮官機 紹介

2007年11月19日 08:04

ボークスから出ているA3シリーズでイベントとage会員のみに限定で販売された『2007 LIMITED No.01 日本帝国斯衛軍 00式戦術歩行戦闘機 武御雷 Type-00R 斯衛軍第16大隊指揮官機』のレビューです。(しかし相変わらず正式名称まで書くと長いわ)


takemikaduchi_shiki_title.jpg

ということで、武御雷のカラーバリエーションもこれで5色目になります。
この武御雷は見てのとおり青色です。
オルタ上ではもう少し落ち着いた青色だった気もしますが、こちらはメタリックブルーになっています。
まあこれはこれでカッコ良いのですけどね。

takemikaduchi_shiki01.jpg takemikaduchi_shiki02.jpg
takemikaduchi_shiki03.jpg takemikaduchi_shiki04.jpg

こちらの付属品は以下の通りになっています。
武御雷Type‐00R本体×1、手首
跳躍(ジャンプ)ユニット×1組
74式近接戦闘長刀×1
65式近接戦闘短刀×2
87式突撃砲×1
ブレードマウント×1
ブレードマウント(空)×1
ガンマウント×1
ガンマウント(空)×1

takemikaduchi_shiki05.jpg takemikaduchi_shiki12.jpg

他の物に比べると付属物が少ないです。
その分定価が4000円となっています。

takemikaduchi_shiki06.jpg takemikaduchi_shiki07.jpg takemikaduchi_shiki09.jpg

値段が安い分武器削られるのは分かりますが、やっぱ右手用の武器がナイフ以外にも欲しかったですね。

takemikaduchi_shiki08.jpg takemikaduchi_shiki10.jpg

可動範囲は新タイプになってはいないので、可動範囲は狭いですが、今回は出来るだけポーズつけて見ました。
普通でもかっこ良いですが、それなりにポーズをつければ更にカッコ良さが出てきますね。

takemikaduchi_shiki11.jpg


と、いうことで日本帝国斯衛軍 00式戦術歩行戦闘機 武御雷 Type-00R 斯衛軍第16大隊指揮官機でした。
これで武御雷は黒抜かして全て出た感じですかね。
確かワンフェス時には黒が展示してあったので、出ると思いますが新しいのに対応して欲しいですね。
やっぱこれ以上に動かしたくなります。

さて次のA3購入予定はついに新可動対応したF-15・ACTVアクティヴ・イーグルになります。
陽炎買っていないので可動部分に関してはかなり期待しています。


E.M.D.トップへ戻る場合にはこちら


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。